ブログ

塩素系と塩酸系の違い ~ 名前は似ていても性質はまったく違います

塩素系とは?

家庭用洗剤などで「塩素系」と呼ばれるもの製品の多くには、次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる)が含まれています。
一見、「塩素系」というと、その文字から「塩酸」と似たような物と勘違いしてしまいそうですが、次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性であり、強酸性である「塩酸」とは全く異なるものです。
現在、塩素系家庭用洗剤として販売されている漂白剤、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)等の多くが、次亜塩素酸ナトリウムの水溶液、また、それに少量の界面活性剤(中性洗剤の主成分)等が加えられたものです。

 酸性タイプの表示・・・トイレ洗剤など

  塩素系の表示・・・漂白剤など

酸との反応

家庭用の製品の「混ぜるな危険」などの注意書きにもあるように、漂白剤や殺菌剤といった次亜塩素酸ナトリウム水溶液を塩酸などの強酸性物質(トイレ用の洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒な塩素ガスが発生します。
塩素ガスは死者も出すほどの危険な物なので取り扱いには注意が必要です。
トイレや浴槽などの密閉した空間で掃除を行う際は、万が一の事故を防止するために、換気をよくして作業を行う必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る